失敗例から学ぶ「良いピッチ」


前回の記事で悪いピッチについて書きましたが、今回は良いピッチについて書いていきたい

と思います。良いピッチをしようと考えるのは少し難しいので、単純に悪いピッチの逆を考

えて良いピッチのイメージをつけていきましょう。今回もスイーツの歩き売りの失敗例をも

とに例を挙げていきたいと思います。

相手を引き付ける

「スイーツいかがですか~」と周囲の人全体に声をかけるのでなく、一人ひとりに声をかけ

ていくだけで立ち止まる人の数が圧倒的に増えます。

さらに「30秒だけ聞いてください」というと止まってくれる確率がぐんと上がります。

このようにまず、相手に聞くに値すると思わせることがピッチの第一歩です。

結論がはっきりしている

せっかく止まってくれたお客様の時間を無駄にしないためにも結論を先に伝えます。

この仕事であれば「宣伝販売をしています」「ここで買うことができます」などです。

前置きが長ければ長いほど人の興味というのは下がるようになっています。結論ファースト

でいきましょう。

イメージを膨らませることができる

スイーツであれば「奥様のプレゼントに人気です」「小さいのでおやつにちょうどいいです

」などです。相手に具体的なイメージを持たせることで購入を促すことができます。このよ

うな提案は相手への気遣いにもなり好印象です。

最後に

いかがでしたでしょうか?上手いピッチをしようとしても最初からうまくはいきません。悪

いピッチのイメージを持ちつつ、何度も実践練習をする必要があります。授業中などでも、

ピッチをするチャンスがあればどんどんトライしていきましょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s