外資就活経験者が注意すべき、日系就活・外資就活3つの違い

はじめに

夏の段階で外資就活を経験している人にとっては、日系の選考が始まるころには既に半年以上就活をしており、まわりの学生よりも選考慣れしている方も中にはいるかもしれません。

しかし、「外資系のハードな選考に比べたら日系の選考なんて余裕でしょ?」と慢心し、日系企業の就活に突っ込んでいって爆死する外資就活経験者が毎年多く見受けられます。。

そこで今回は日系大企業への就活と外資就活の3つの違いを紹介したいと思います。今後の参考にしてください。

日系就活と外資系就活は、どういったところが異なるのか

1.会社ごとに明確な志望動機が必要

職種別採用をしている外資系コンサルティングファームや投資銀行、外資メーカーでは「なぜこの業界?」「なぜこの部門か?」のような質問は多く投げかけられる一方で、「なぜこの会社を志望するのか?」といった質問自体はあまりされないことが多いです。

一方日系企業の面接は、選考段階で部門別採用でないところが殆どですので、各企業に対する志望動機を深く掘り下げられることになります。

特に業界2番手以降の企業では、「なんで業界一位の○○社が第一志望じゃないの?」と、いじわるな質問を飛ばされることもあるため、業界研究以上に企業研究が重要になります。

例えば上記への質問に答えるとしたら
「御社は●●に課題を抱えています。私は入社してこの課題を解決し、御社を業界トップにしたいと考えています」、
「御社は業界では3位ながらも、今後成長が見込まれる△△の分野ではトップシェアをもっているので将来性を感じています」
などが一例としてあげられます。

その企業や生み出す商品のファンといった立場で話すのではなく、「自分だったらどうするか」といった視点で考えることが特に重要です。

ベースとなる知識を固めるために、各社WEBサイトやGoogle検索結果の閲覧、関連書籍を買って読むといった基本的なところはもちろんのこと、後述するOB訪問や各説明会を通して、同じ業界のなかでも企業ごとにどういった違いがあるのかをはっきり理解しましょう。

特に企業間でもっとも差がでるのが、社風や社員の人柄です。これらの情報に関しては足を使わないと集められないものなので、とにかく社員に会うように心がけてください。

こういったナマの情報と、それに対して感じたことであれば、企業の志望動機を述べるうえで強い論拠となりえるので積極的に行動しましょう。

また経営トップの話は参考になることが多いです。例えば三井物産だったら、現社長は飯島彰己氏ですが、彼の名前で検索してみるとさまざまな記事コンテンツがヒットすると思います。

もし大学とかで日経テレコンが活用できる環境にある方だったら、社長の名前で検索して発見した記事は、求める人材要件について、明確に発言しているケースも多々ありますので、参考にしてみてください。

2.説明会、OB訪問への参加が必須

外資系企業では、企業側からOB訪問を行う機会が与えられることはまずありません。また説明会への参加が必須になる企業はほとんどなく、ジョブや面接を通して、企業に関する理解を深めていきます。

しかし日系企業の場合、説明会に参加しなければエントリーシートを出すことができなかったり、面接に進むことができなかったりと説明会への参加が強制となっている場合があります。また説明会の参加回数が多いと、やる気があると判断して、その後の選考が有利に進むような企業もあったりします。

また、OB訪問についても企業によっては面接時にOB訪問の回数を尋ねられることがあり、企業興味度のバロメーターとして判断される場合も多くあります。

OB訪問は会社のことを知る貴重なチャンスですので積極的に活用し、会社の理解を深めましょう。

3.協調性がより重視される

ウインタージョブ、スプリングジョブといった複数日程に渡るインターンを通して行うコンサルティングファームの選考や、面接回数の多い投資銀行、インターンからの採用も多い外資系メーカーなど、各社とも応募者に対して接触機会を多くしております。

一方日系企業の多くは、3~6回程度の集団×個人面接ですべてを判断するわけで、1人1人にじっくり時間をかけるのは難しい状況です。なので、短い時間の面接でも把握できることを考えて、実践しています。

そういった中で外資系に比べて重視されがちなのは「人当たりの良さ」や「協調性」です。例えばコンサルティングファームの選考ですと、ケース面接と呼ばれる地頭を問うような面接が大半を占め、あまりパーソナルに突っ込んだ質問をされることは多くはありません。

そしてグループディスカッションでも、外資系ではリーダーシップをつとめていたような方が、日系だと協調性がないと言って落ちたりすることもあります。

さらにいうと、外資系はDiversityというのがモットーなので、LGBTの採用にも積極的ですし、女性が多く活用される環境にもあります。異端児も積極的にとりにいくのが、外資系です。

一方、大手代理店や総合商社はバラエティに富んだ人材が多く所属する傾向はあるものの、「異端児は排して、同質の人で構成したい」といったザ・日系企業も多くあります。

それぞれの社員の方から醸し出される雰囲気を読み取り、面接官に「あの部署のあのひとっぽいなあ」と思わせることができれば、日系就活は成功だと思います(^^)

外資系企業の就活経験はどのようなことが生かせるか?

外資就活で得た経験で日系企業に生かせる力は以下の3点があると思います。

・ プレッシャーの中で、物事を考え抜く力
・積極的に自分を表現する力
・まわりのハイスペックに動じない精神力

1.プレッシャーの中で、物事を考え抜く力

外資系企業の選考はしんどいものが多いです。投資銀行のスーパーデイと呼ばれる最終選考では1日10人近くも1対1で面談することもあり、6時間くらいかかって、最後の方は意識が朦朧としながらも質問に答えていくことになります。

コンサルティングファームでは難しいケース面接に対し、頭をフル回転させながら答えていきます。いずれの場合も面接官は頭のキレがとても良いので、就活生の発言に対して厳しいツッコミが幾度となく入ってきます。

コンサル面接では就活生1人に対して、面接官2人がひとつのお題に対して一時間程度、質疑応答を繰り返すこともあります。

そのようなプレッシャーのかかる状況で、物事を考え抜いてアウトプットを出した経験は、思考能力を高めてくれますし、自信にも繋がります。仮に圧迫面接をされたとしても外資系企業の就活で培った経験を生かし、うまく乗り切れるはずでしょう。

積極的に自分を表現する力

外資系投資銀行の選考・インターンでは、積極性や自己アピールが常に求められます。例えばモルガン・スタンレーではいわゆる「名刺配り大会」といった選考プロセスがあります。

集められた就活生が各部署に属する社員に名刺を配って、積極的に自己アピールするプロセスです。
そういった厳しい選考を経験した人にとっては、自分を積極的にアピール、表現することへの抵抗が徐々に減っていったのではないでしょうか。

積極性をもち説明会や選考に臨んでいる学生は他の学生よりも目にとまりやすくなります。こういった姿勢を忘れることなく今後の選考に臨んでみるとよいのではないでしょうか。

まわりのハイスペックに動じない精神力

筆者も外資系企業のグループディスカッションやグループインタビューの場で、「プロスポーツ選手」、「アイドルグループに所属」、「起業して年商数千万」など、びっくりするような肩書の人々と同じグループであることが度々ありました。

しかし、経歴は華々しくとも話してみれば普通の就活生です。

謙虚な姿勢は保ちつつ絶対勝つという強い意志をもって臨むことで、彼らに対して恐れを抱くようなことは次第に少なくなって参りました。それからは初対面で肩書ビッグな方にもびびることなく、自分をアピールすることができるようになりました。

まわりに流されることなく自分自身をしっかりPRすることが選考突破への近道です。

おわりに

サマーインターン選考から受けはじめている方にとってはそろそろ就活に疲れてきているころかもしれません。チャレンジしてきたのに、なかなか外資系の門をくぐれなかったりで、自信喪失気味の方もおられると思います。

とはいえ、上の学生を見れたのはとても良い経験です。地頭からコミュニケーション能力、リーダーシップに至るまで、ベンチマークすべき存在が見つかったことで、彼らに追いつこうと努力することができるからです。

疲れてくるとインフルエンザなどの病気にかかりやすくなってしまい、大事な選考を棒にふることになるので体調管理だけはきちんと行うようにしましょう。では引き続き、頑張ってください(^^)/

持ち時間は30秒?エレベーターピッチとは


一度は耳にしたことがあるエレベーターピッチ。世界中のあらゆるビジネスシーンで使われ

ています。でも、実際どんなことをしているの?今回はエレベーターピッチについて説明し

たいと思います。

エレベーターピッチとは

ピッチの中で最も短いものの一つにエレベーターピッチがあります。もともとは、シリコン

バレーの経営者らが、投資家から資金調達をするためにエレベーターの中で短時間でピッチ

をしたことに由来しています。エレベーターに乗っている約30秒の間でサービスやプロダ

クトの魅力を簡潔に伝えるのです。エレベーターの中にとどまらず、30秒でシンプルに伝

えるという考え方は多くの企業でも取り入れています。

なぜエレベーターピッチが有効なのか?

ビジネスの場ではシンプルに物事を伝えることが美とされています。伝達が早ければ早いほ

ど仕事を早く進めることができるからです。エレベーターピッチの考え方は、ビジネスの慣

習にとてもマッチしていると言えます。また、秒単位で話を進めていくので情報処理能力を

つけることもできます。エレベーターピッチのスキルを得ることで、効率をもたらし、キャ

リアアップにつなげることができます。

どうしたら上手くなるの?

話す時間は短いといえども、いきなり上手なエレベーターピッチをすることはできません。

短いからこそ、秒単位での配慮が必要となります。マイピチでは、これからも皆さんがなる

べく早く、簡単にピッチができるようになるような情報をお伝えしていきたいと思います。

僕がピッチでバイトの昇給に成功した話


今回はある大学生がピッチを使ってアルバイトで昇給したお話を紹介します。以下、愛知県

在住のWさんからのお話です。

=======================

「仕事ができるようになったら昇給もありえるよ」

バイト先で店長やマネージャーにこんなこと言われたことはありませんか?ある程度仕事を

こなせるようになってきても、バイトで昇給するなんてことは滅多にないと思います。上が

ったとしても20~30円程度。僕は、それが悔しくて悔しくてたまりませんでした。なので、

ピッチしてみました。

ピッチをしたきっかけ

愛知県の最低賃金は時給800円です(2015年の時点)。僕が住んでいるところは愛知県の中

でも田舎のほうで、勿論ほとんどのバイトが時給800円で求人しています。僕は薄汚いラー

メン屋で働いていました。名古屋市内のバイトの時給は1000円以上で、名古屋でバイトをし

ている同級生が羨ましくてたまりませんでした。

店長に相談したところ・・・

勇気を振り絞って、「給料上げてください」と店長に相談してみました。店長は典型的な頑

固おやじで、話を聞いてくれるはずなんかありません。ですが、①いま僕がWebマーケティ

ングの勉強をしていること、②それをラーメン屋の経営に生かしてせるはずだということ

、③成果を出したら時給上げて欲しいということ、この3つを簡潔に説明したところ、全て

納得してくれました。

時給800円が1200円に

宣言どおり成果を出すことができ、最終的には時給1200円にまで上げることができました。

なんで昇給を認めてくれたのか、店長に後々話を聞くと、突然の相談に断る理由も見つから

ず、とりあえずOKを出してしまったそうです。シンプルにピッチすることは、話に勢いをつ

けることもできるのだと感じました。

=======================

いかがでしょうか?このように、ピッチを通してアルバイト生活を充実させた例もあります

。ピッチには、日常生活の不満も解消してしまう力があります。あなたもピッチをしてプラ

イベートを充実させてみませんか?

失敗例から学ぶ「良いピッチ」


前回の記事で悪いピッチについて書きましたが、今回は良いピッチについて書いていきたい

と思います。良いピッチをしようと考えるのは少し難しいので、単純に悪いピッチの逆を考

えて良いピッチのイメージをつけていきましょう。今回もスイーツの歩き売りの失敗例をも

とに例を挙げていきたいと思います。

相手を引き付ける

「スイーツいかがですか~」と周囲の人全体に声をかけるのでなく、一人ひとりに声をかけ

ていくだけで立ち止まる人の数が圧倒的に増えます。

さらに「30秒だけ聞いてください」というと止まってくれる確率がぐんと上がります。

このようにまず、相手に聞くに値すると思わせることがピッチの第一歩です。

結論がはっきりしている

せっかく止まってくれたお客様の時間を無駄にしないためにも結論を先に伝えます。

この仕事であれば「宣伝販売をしています」「ここで買うことができます」などです。

前置きが長ければ長いほど人の興味というのは下がるようになっています。結論ファースト

でいきましょう。

イメージを膨らませることができる

スイーツであれば「奥様のプレゼントに人気です」「小さいのでおやつにちょうどいいです

」などです。相手に具体的なイメージを持たせることで購入を促すことができます。このよ

うな提案は相手への気遣いにもなり好印象です。

最後に

いかがでしたでしょうか?上手いピッチをしようとしても最初からうまくはいきません。悪

いピッチのイメージを持ちつつ、何度も実践練習をする必要があります。授業中などでも、

ピッチをするチャンスがあればどんどんトライしていきましょう。

こんなピッチに注意!悪いピッチの例


筆者は以前、道端でスイーツを歩き売りするという仕事をしていたことがあります。1日

1000人もの人に声をかけてピッチし、更に毎週入社してくる新入りに指導していく中で、悪

いピッチにはいくつかの共通項があることがわかりました。今回は、スイーツ売りの新人の

子の失敗例をもとに悪いピッチの例を挙げていきたいと思います。

相手を引き付けない(魅力的でない)

最初に「話を聞きたい」と思われるようなピッチしなくてはいけません。よく街でビラ配り

をしているバイトの子が中々ビラを渡せていないのは相手を引き付けていないからです。例

えば新人の子はよく「スイーツいかがですか~?」と周囲にいる人全員にピッチを始めます

。これではスイーツに興味がある人しか反応してくれず、多くの人に購入を促すことはでき

ません。

結論がわからない

新入りの子がせっかく立ち止まって話を聞いてくれたお客様に対して長々と商品の説明をし

て、最後に「で、どうすればいいんですか?」と言われることがよくあります。この場合

、「売っている」という一番重要なことが相手に伝わっていないのです。結論が見えないピ

ッチは相手の時間を無駄にしてしまい、不快感を与えてしまいます。

イメージが膨らまない

スイーツであれば買った後のイメージです。「おいしいので食べてください」「安いのでお

すすめです」と単に伝えても、買った後にどんな利益があるのかお客様は想像することがで

きません。誰と食べるのか、紅茶とは合うのか、など具体的なイメージを相手に持ってもら

うようなピッチをしなければお客さんの興味はどんどん下がってしまいます。

以上の3つを意識して、今度は良いピッチの例を見ていきましょう。

 

大学生活でやれるピッチの練習3選


いくら知識をつけてもアウトプットできなければ意味がありません。よいピッチをするには

反復練習が必要です。では、いったいどんな練習をすればいいのでしょうか?実は、皆さん

が普段行っている大学でもトレーニングできます。

1.手をあげる

大学生活の中で身近にできること、それは授業中に手をあげて発言することです。普通に大

学生活を過ごしてたら人前で話すことは毎日はないと思います。授業なら毎日ありますし、

小さな疑問を質問するくらいでも大丈夫です。苦手意識は経験不足から起こります。

2.プレゼンで本気出してみる

ゼミの発表やテストでプレゼンをすると思います。大抵の人は面倒くさがって適当に終わら

せてしまうと思うんですけど、大学の授業くらいならちょっと本気だしただけで最高評価が

もらえるはずです。そういった成功体験から、自分に自信を付けていくことができます。

3.学内コンテストに出てみる

どの大学にもビジネスコンテストやスピーチコンテストの機会があると思います。ある程度

慣れてきたら・・・とか言わずに、思い切って申し込んじゃいましょう。コンテストに向け

て練習するうちに自然と人前で話せるようになってきますし、大勢の前で話す経験にもなり

ます。

最後に

慣れないうちは恥ずかしさもあると思いますが、就職活動の場で何にも話せないよりは辛く

ないはずです。小さな成功体験を積み重ね、話すことへの抵抗をなくしていきましょう!

ピッチの冒頭で使えるフレーズ4選


ピッチは話し始めが重要です。まず、「聞いてやるか」と相手に思わせなければいけません

。これは実際に企業でのインターンシップや超体育会系の組織に所属していた人なら分かる

と思いますが、普通に大学生活をしている上では身に付けることが出来ないものです。そこ

で今回は、ピッチの冒頭に使えるフレーズをマイピチ編集部でまとめてみました。

1.いま○○秒ほどお時間よろしいですか?

「少しお時間よろしいですか?」でも全然通用しますが、具体的な数字を出すことにより、

より相手に配慮している姿勢を表わすことができます。このフレーズを言ってピッチを断ら

れることはまずありません。

2.結論から申しますと・・・

ビジネスシーンにおいては結論ファーストです。この結論ファーストの姿勢を表わす一番の

フレーズがこれです。結論から述べることにより、相手に「なんでそうなるんだ」「詳しく

話が聞きたい」と思わせることができます。

3.これはとても大切な情報です。

あなたが伝えたい情報が本当に大切な場合、「大切」とはっきり言い切るべきです。「あ、

これは聞かなければならないんだ」と相手から聞きにくるような姿勢にさせることが可能で

す。

4.これはあなたにとって有益な情報です

絶対にメリットがあることを確信したなら、このフレーズを使ってみましょう。特に、金銭

の関わる営業などの場面で有効です。相手を前のめりにさせてみましょう。

最後に

相手の興味を引き付ける成功体験を積み重ねれば、ピッチをすることに楽しさを見出すこと

ができるでしょう。あなたのオリジナルのフレーズを見つけてみてください!

ピッチとは何か?ピッチを学ぼう!


就活生の皆さんこんにちは!マイピチ編集部です。突然ですが皆さん、「ピッチ」という言

葉をご存じでしょうか?私たちは皆さんにピッチをマスターしてもらい、就活の状況を有利

に進めていってほしいと思っています。そもそもピッチって何なの?そんな大学生のために

、はじめにピッチについて説明していきたいと思います。

ピッチとは新しいアイディアやこれから始める事業をアピールする短いプレゼンテーション

のことです。もともとはアメリカのシリコンバレーで生まれた言葉で、ベンチャー企業が、

投資家にアピールするときなどに使います。

ピッチとは新しいアイディアやこれから始める事業をアピールする短いプレゼンテーション

のことです。もともとはアメリカのシリコンバレーで生まれた言葉で、ベンチャー企業が、

投資家にアピールするときなどに使います

ピッチをすることであなたのキャリアの可能性が広がります。

身近なものでいえば、就職活動における自己アピールでしょう。多くの就活生がマニュアル

通りのアピールをする中で、1人際立った自己アピールをすることができれば、あなたを欲

しいと思う会社は何倍にも増ええることでしょう。

最後に

就活でのピッチはほんの一部です。あなたが普段受けている授業や、アルバイトでの接客で

も、実はピッチを使っています。ピッチを上達させるチャンスは山ほどあります。さぁ、ピ

ッチをマスターしてキャリアアップを目指しましょう。