アジア現地採用から始まるキャリアデザイン「新卒海外就職」何それ、おいしいの?

はじめましてのあいさつをすると、高確率で日本人とは言われないErisaです!

シンガポール生活開始から約1年半の今、海外への適応力を伸ばしているのか、ただ単にこんがり日焼けしてきているだけなのか。

なぜかは分かりませんが、現地ライフにどっぷりつかっています。

2015-10-17-1445052670-8562434-erisa1_1.png

自己紹介しますと、2014年・都内大学を卒業すると同時に、シンガポールにて現地採用で米系のリサーチ企業に就職し1年半勤務。

2015年10月よりキャリアアップとして米大手IT企業に転職。

熱いアジアのハブ、ここシンガポールで絶賛吸収・成長中です!

変人扱いされても諦めたくなかった、「新卒で海外就職」という選択

2015-10-17-1445052722-3857139-erisa1_2.png

日本での大学生活も後半に差し掛かり、「就活どーしてる?」がメイントピックになる中、「卒業後、海外で働きたい」というキャリア選択をする人はあまり多くはいませんよね。

しかも実際にやってみる人となると、さらに数は減るでしょう。

実際、私が就活で「新卒生としてアジア現地採用で働く」ことを選んだときには、「どうやるの?」がいつもお決まりの返答で、かなり宇宙人扱いをされていました。

大半の社会人には否定もされました。

それだけまだマイナーな選択だったということでしょう。

今回は、それでも私が新卒でのキャリアの選択肢として「アジアでの現地採用」を選んだ理由をお話しします。

本当の意味でのグローバル人材とは

2015-10-17-1445052802-4142601-erisa1_3.png

シンガポールという多様性に溢れた環境を選択した最大の理由は、様々な人や文化に出会って生きていきたいという想いからでした。

今でこそ新しいものに触れたり、人に出会ったりすることが大好きな私ですが、生い立ちをさかのぼると、実は今の自分とはまったく異なる自分がいました。

小学校の頃は朝会でよく貧血おこすモヤシキャラ。

いじめの対象になるのを恐れ、あえて目立たないようにしよう、と考えている子でした(笑)。

日本の、均一・同一性を重んじるカルチャーの中で、自分を押し殺している部分が強かったように思います。

それが、たまたま帰国子女や海外経験をもつ生徒の多い高校に入ったことで、大きく刺激を受けるように。

大学在学中ではカナダ・アメリカへの1年間の語学留学をし、多くの素晴らしい出会いを通して自分にはない考え方や生き方に触れ、さらに開眼!

もちろん日本固有の文化や歴史は素晴らしいし、誇りに思います。

しかし、異なる考え方や文化が入ってきにくい島国の環境ではなく、私の一番望む生き方は、多様性の中で生き、人間として成長することでした。

キャリアも生活も、それによって成長させたかったのです。

海外で働く道がエリートだけのものという時代は終わった典型的な新卒一括採用だけが日本の就職スタイルではなく、「海外」がその選択肢のひとつとしてあったっていい。

イマドキの大学生は、パッケージ旅行よりも、バックパックを抱えて「自分オリジナルの旅」を好む人も少なくありません。

「世界一周経験のある学生」だって、別に珍しくないでしょう。

キャリアも生き方も、パッケージに乗っかるのではなく、本当に自分が大切にしていること、やりたいこと、欲しいもの、歩いてみたい道を重視して自分用にデザインしていってもいいのではないでしょうか?
一度切りの人生なのだから、自分にとって最高のゴールを目指せるような地図を描けたらいいですよね。

2015-10-17-1445052923-6073495-erisa1_4.png

枠組みが無いからできないではなくて、「無かったらどうやってつくるか」を考えていくのは、人生の醍醐味のひとつだと私は思います。

価値観や文化、環境が異なる人たちと付き合いながら仕事をすることが求められる「グローバル」な時代。

本当の意味での「グローバル人材」とは、枠組みが無い環境のなかでも、自分で考えてデザインできる人のことを指すのではないでしょうか。

慣れ親しんだ環境や用意された枠組みから一歩出ると、予測もしない出来事への対処方法や違う考えとの付き合い方を学ぶことができます。

それは、今日本が必要とする「グローバル人材」として活動するための要素でもあり、自分自身の仕事や人生の幅を広げるためにも必要なものだと思います。

若さを最大の武器にして、海外就職するメリット

2015-10-17-1445053009-6090466-erisa1_5.png

「何の経験も無い新卒がいきなり海外で何ができるのか」

もう、何度言われたことか……耳ダコでした(笑)。

(「日本で経験を積んでいる間に、海外で活躍できるグローバル人材に育てられる企業はどこにあるのか」と返したかったのはここだけの話……)

何事にもメリット・デメリットはあります。

私の場合は、若さを最大の武器にして、今のキャリアステージで最大限に成長したかった。

何の経験もない……でも、先入観がない真っ白な状態だからこそ、好奇心のおもむくままに行動したり、小さな変化でも敏感に気づくことができる。

同じことを経験したとしても、若い時のほうが吸収できる量は多いはず。

たとえ失敗したって、それは今後の大きな糧になります!

今までに不安なこともたくさんありましたが、そう自分に言い聞かせて、これまで頑張ってきました。
2015-10-17-1445053082-1854376-erisa1_6.png

これは日本で就職した友人とスカイプで話していて感じたのですが、シンガポールで就職したことで得たことに、「若いうちのキャリア・スキル・ディベロップメントの無駄のなさ」「裁量の質と量」があります。

こちらでは入社直後から、私が新卒だということは関係なく、責任の大きいプロジェクトを任されてきました。

もちろん競争や実力主義的な面はタフですが、年功序列がないので、空気を読む必要がなく昇進に遠慮はいりません。

出世しようとする人のことを「出しゃばり」と呼ぶこともなく、若さゆえに失敗しても、そこから学べばよし、と気持ちよく成長できます。

リーダーシップのある女性マネージャーも多く、お手本にしたいロールモデルを身近に見ることができます。

日本で経験を積まれてきた駐在員の方とお話する機会もありますが、私のように日本で働いた経験が無いからこそ得られる価値観があることにも、気づかされました。

海外就職が「普通」になる

2015-10-17-1445053152-1060270-erisa1_7.png

「海外」は、これからの日本人のキャリアデザインにとって、当たり前の選択肢のひとつになってくると思います。

ABROADERSを始め、メディアでは特に2014年以降に「新卒海外就職」ネタが増えているのではないでしょうか。

私がかつて「新卒 海外 就職」で検索したときは、事例が全く出てきませんでしたが、たった数年でここまで状況が大きく躍進していることに驚きます。

「私が『新卒で海外就職したい』と言っていたときは、まだ一般的じゃなくて大変だったけれど……」なんて語ることが、近い将来起きるかもしれません。

その日を目指して、海外就職に興味がある方たちに情報をシェアしていきますね。

ライター
Erisa

平成元年生まれ。都内の大学を単位ギリで卒業後シンガポールに渡り、米リサーチ企業入社。2015年秋より米大手IT企業に転職し、新な成長痛に奮闘中。仕事も生活も、シンガポールでのいろんな人と文化に囲まれカラフルな日々。好きなものは、人・食べること・飲むこと・旅。

HUFF POST LIFE STYLE JAPAN http://www.huffingtonpost.jp/abroaders/asia-carrier_b_8318036.html (2015年12月22日)

外資就活経験者が注意すべき、日系就活・外資就活3つの違い

はじめに

夏の段階で外資就活を経験している人にとっては、日系の選考が始まるころには既に半年以上就活をしており、まわりの学生よりも選考慣れしている方も中にはいるかもしれません。

しかし、「外資系のハードな選考に比べたら日系の選考なんて余裕でしょ?」と慢心し、日系企業の就活に突っ込んでいって爆死する外資就活経験者が毎年多く見受けられます。。

そこで今回は日系大企業への就活と外資就活の3つの違いを紹介したいと思います。今後の参考にしてください。

日系就活と外資系就活は、どういったところが異なるのか

1.会社ごとに明確な志望動機が必要

職種別採用をしている外資系コンサルティングファームや投資銀行、外資メーカーでは「なぜこの業界?」「なぜこの部門か?」のような質問は多く投げかけられる一方で、「なぜこの会社を志望するのか?」といった質問自体はあまりされないことが多いです。

一方日系企業の面接は、選考段階で部門別採用でないところが殆どですので、各企業に対する志望動機を深く掘り下げられることになります。

特に業界2番手以降の企業では、「なんで業界一位の○○社が第一志望じゃないの?」と、いじわるな質問を飛ばされることもあるため、業界研究以上に企業研究が重要になります。

例えば上記への質問に答えるとしたら
「御社は●●に課題を抱えています。私は入社してこの課題を解決し、御社を業界トップにしたいと考えています」、
「御社は業界では3位ながらも、今後成長が見込まれる△△の分野ではトップシェアをもっているので将来性を感じています」
などが一例としてあげられます。

その企業や生み出す商品のファンといった立場で話すのではなく、「自分だったらどうするか」といった視点で考えることが特に重要です。

ベースとなる知識を固めるために、各社WEBサイトやGoogle検索結果の閲覧、関連書籍を買って読むといった基本的なところはもちろんのこと、後述するOB訪問や各説明会を通して、同じ業界のなかでも企業ごとにどういった違いがあるのかをはっきり理解しましょう。

特に企業間でもっとも差がでるのが、社風や社員の人柄です。これらの情報に関しては足を使わないと集められないものなので、とにかく社員に会うように心がけてください。

こういったナマの情報と、それに対して感じたことであれば、企業の志望動機を述べるうえで強い論拠となりえるので積極的に行動しましょう。

また経営トップの話は参考になることが多いです。例えば三井物産だったら、現社長は飯島彰己氏ですが、彼の名前で検索してみるとさまざまな記事コンテンツがヒットすると思います。

もし大学とかで日経テレコンが活用できる環境にある方だったら、社長の名前で検索して発見した記事は、求める人材要件について、明確に発言しているケースも多々ありますので、参考にしてみてください。

2.説明会、OB訪問への参加が必須

外資系企業では、企業側からOB訪問を行う機会が与えられることはまずありません。また説明会への参加が必須になる企業はほとんどなく、ジョブや面接を通して、企業に関する理解を深めていきます。

しかし日系企業の場合、説明会に参加しなければエントリーシートを出すことができなかったり、面接に進むことができなかったりと説明会への参加が強制となっている場合があります。また説明会の参加回数が多いと、やる気があると判断して、その後の選考が有利に進むような企業もあったりします。

また、OB訪問についても企業によっては面接時にOB訪問の回数を尋ねられることがあり、企業興味度のバロメーターとして判断される場合も多くあります。

OB訪問は会社のことを知る貴重なチャンスですので積極的に活用し、会社の理解を深めましょう。

3.協調性がより重視される

ウインタージョブ、スプリングジョブといった複数日程に渡るインターンを通して行うコンサルティングファームの選考や、面接回数の多い投資銀行、インターンからの採用も多い外資系メーカーなど、各社とも応募者に対して接触機会を多くしております。

一方日系企業の多くは、3~6回程度の集団×個人面接ですべてを判断するわけで、1人1人にじっくり時間をかけるのは難しい状況です。なので、短い時間の面接でも把握できることを考えて、実践しています。

そういった中で外資系に比べて重視されがちなのは「人当たりの良さ」や「協調性」です。例えばコンサルティングファームの選考ですと、ケース面接と呼ばれる地頭を問うような面接が大半を占め、あまりパーソナルに突っ込んだ質問をされることは多くはありません。

そしてグループディスカッションでも、外資系ではリーダーシップをつとめていたような方が、日系だと協調性がないと言って落ちたりすることもあります。

さらにいうと、外資系はDiversityというのがモットーなので、LGBTの採用にも積極的ですし、女性が多く活用される環境にもあります。異端児も積極的にとりにいくのが、外資系です。

一方、大手代理店や総合商社はバラエティに富んだ人材が多く所属する傾向はあるものの、「異端児は排して、同質の人で構成したい」といったザ・日系企業も多くあります。

それぞれの社員の方から醸し出される雰囲気を読み取り、面接官に「あの部署のあのひとっぽいなあ」と思わせることができれば、日系就活は成功だと思います(^^)

外資系企業の就活経験はどのようなことが生かせるか?

外資就活で得た経験で日系企業に生かせる力は以下の3点があると思います。

・ プレッシャーの中で、物事を考え抜く力
・積極的に自分を表現する力
・まわりのハイスペックに動じない精神力

1.プレッシャーの中で、物事を考え抜く力

外資系企業の選考はしんどいものが多いです。投資銀行のスーパーデイと呼ばれる最終選考では1日10人近くも1対1で面談することもあり、6時間くらいかかって、最後の方は意識が朦朧としながらも質問に答えていくことになります。

コンサルティングファームでは難しいケース面接に対し、頭をフル回転させながら答えていきます。いずれの場合も面接官は頭のキレがとても良いので、就活生の発言に対して厳しいツッコミが幾度となく入ってきます。

コンサル面接では就活生1人に対して、面接官2人がひとつのお題に対して一時間程度、質疑応答を繰り返すこともあります。

そのようなプレッシャーのかかる状況で、物事を考え抜いてアウトプットを出した経験は、思考能力を高めてくれますし、自信にも繋がります。仮に圧迫面接をされたとしても外資系企業の就活で培った経験を生かし、うまく乗り切れるはずでしょう。

積極的に自分を表現する力

外資系投資銀行の選考・インターンでは、積極性や自己アピールが常に求められます。例えばモルガン・スタンレーではいわゆる「名刺配り大会」といった選考プロセスがあります。

集められた就活生が各部署に属する社員に名刺を配って、積極的に自己アピールするプロセスです。
そういった厳しい選考を経験した人にとっては、自分を積極的にアピール、表現することへの抵抗が徐々に減っていったのではないでしょうか。

積極性をもち説明会や選考に臨んでいる学生は他の学生よりも目にとまりやすくなります。こういった姿勢を忘れることなく今後の選考に臨んでみるとよいのではないでしょうか。

まわりのハイスペックに動じない精神力

筆者も外資系企業のグループディスカッションやグループインタビューの場で、「プロスポーツ選手」、「アイドルグループに所属」、「起業して年商数千万」など、びっくりするような肩書の人々と同じグループであることが度々ありました。

しかし、経歴は華々しくとも話してみれば普通の就活生です。

謙虚な姿勢は保ちつつ絶対勝つという強い意志をもって臨むことで、彼らに対して恐れを抱くようなことは次第に少なくなって参りました。それからは初対面で肩書ビッグな方にもびびることなく、自分をアピールすることができるようになりました。

まわりに流されることなく自分自身をしっかりPRすることが選考突破への近道です。

おわりに

サマーインターン選考から受けはじめている方にとってはそろそろ就活に疲れてきているころかもしれません。チャレンジしてきたのに、なかなか外資系の門をくぐれなかったりで、自信喪失気味の方もおられると思います。

とはいえ、上の学生を見れたのはとても良い経験です。地頭からコミュニケーション能力、リーダーシップに至るまで、ベンチマークすべき存在が見つかったことで、彼らに追いつこうと努力することができるからです。

疲れてくるとインフルエンザなどの病気にかかりやすくなってしまい、大事な選考を棒にふることになるので体調管理だけはきちんと行うようにしましょう。では引き続き、頑張ってください(^^)/